Students

ソフトマター物理学研究室

ソフトマター研究室の心:プラスティックマインド(柔軟な心)*

*柔軟な心を持たねばならぬ... となっては台無しではある。


研究室概要

研究室の研究レベルは高く、2015年2月に近畿大学ではじめて英科学誌ネイチャーに論文が掲載されました。これは卒業研究生の大城辰也君の卒業研究にはじまった研究です。

2015年度は別宮進一君が総合理工学研究科総代、田中秀明君が学部長賞受賞、高橋佑輔君が卒研発表賞第1位受賞、大野優太君第4位など意気盛んです。

2016年度は野中健史君が卒研発表賞第3位を受賞し、院生の田中秀明君と高橋佑輔君が総合理工マスターズ2017で優秀ポスター賞を受賞しました。

2017年8月には青銅比準結晶発見の論文が英科学誌ネイチャー・マテリアルズに掲載されました。

2011年ノーベル化学賞シェヒトマン教授の受賞発表時には、ノーベル賞選考委員の受賞理由解説にも研究室の論文は引用されました。この分野でのトップ研究者の一人として、ノーベル賞記念論文集にもソフト準結晶の解説記事を寄稿しています。2016年末には世界のトップ研究者ばかりを集めたソフトマター準結晶の論文集を編纂します。

世界レベルでソフトマターおよび準結晶研究を計算物理学的方法で研究しようという進学者、大学院生を歓迎致します。

研究室詳細 & メッセージ

ソフトマター物理学研究室では,建学の精神 =「実学教育」と「人格の陶冶」を重視しています。具体的には,物理と同時に計算機の技術を身につけて将来に生かそうという意欲ある学生さん向き,しっかり働く人々向きの研究室です。とりあえず,3年前期は物理学実験2を履修してください!!!

卒業研究ゼミナールでは卒業研究の準備として、2016、2017年度はWEB授業です。

世界の授業を体験しよう!
MOOC授業(Courseraコーセラ)

ヴェルナー・クラウス教授(ENS、モンテカルロ計算の専門家)のWEB授業「Statistical Mechanics: Algorithms and Computations」(+Python実習)

卒業研究では、ソフトマター、準結晶、ナノテクノロジーの理論計算研究や計算機シミュレーションをします。

運動会系のごとく日々課題をこなすことによって知的マッスルを鍛え,知的職業人としての常識,資質,頭の強さを身につけてもらおうと思っています。計算機実験は計算機の前でどうしても時間がかかります。真面目に、いわば修行僧のようにストイックに、毎日働くことは覚悟の上で選択してください。

大学院を考える諸君に

大学進学率は20年前25%だったのが,現在2倍以上の50%を越えています。

これは少子化が大きな原因で,次に大学の増加が2番目の原因ですが,はっきり言えることは大学を出ただけでは(昔の希少)価値がなくなってしまったということです。

90年代後半の就職氷河期に比べ求人は1.4倍あり、リーマンショックでも求人はそれほど落ち込んでいないのですが、大学生が1.5倍に増加しているし,製造業が海外に出ていますし,呑気な日本人学生(がいたとして)は語学力でも学力でも胆力でも国際的に競争力がありませんから,楽にはなりません。

実力があっても(いたとして)大人でなかったり,柔軟性がなく目利きでなかったり,競争に飛び込む勇気がなかったりするとかなり厳しいのが現実です。しかし,目前の競争に勝ち抜き,社会人としての実力を鍛える職場を確保することはとても大切です。

Photos